top of page

飲酒後の入浴やお湯の温度はどうする?ヒートショックの危険性と予防



ヒートショックってご存知ですか?


これから寒さが本格的になりヒートショックに気をつけないといけません!


前職消防士で救急活動を1000件以上経験し、多くのヒートショックの方の処置をしてきた私 平井トレーナーが


・ヒートショックとは?

・ヒートショックの危険性

・ヒートショックの予防


を簡潔にお伝えします。



ヒートショックとは何か?その危険性は?


ヒートショックとは


、温かい場所から寒い場所への温度変化が血圧を大きく変化させる、その結果、脳や心臓へ負担をかけ、結果倒れてしまう恐ろしいものです。


ヒートショックが起こりやすいのは何と言っても「お風呂場」です。


お風呂に入る際は血圧の変化が大きくなります。


①寒い脱衣場で服を脱ぐと血圧↑

②更に寒い浴室で血圧↑

③お湯に浸かると血圧↓



だからこそ、お風呂場(お風呂に入る際)ではヒートショックに気をつけないといけません。


軽症だとめまいや立ちくらみで済みますが、重症になると「失神や意識障害」が起きます。


私もこの時期のお風呂場での救急出動は数多く経験しました。


重症だと後遺症が残り日常生活に戻れない方や、最悪亡くなってしまう方もいらっしゃいました…


倒れた方の習慣で多かったのが、



・浴室が脱衣場より寒い

・お湯の温度が高い

・お酒を飲んだ後の入浴


特に高齢者で起こりやすいのが特徴でした。


しかし、【ヒートショックは予防】できます!





ヒートショックの予防はどうすればいい?



ポイント1:浴室

・お湯を張る時は蓋を外し浴室全体を温める。

・シャワーでお湯を張る。

・お風呂に入る前にシャワーを出しておき温めておく。

・浴室のタイルが冷えている場合が多いのでマットを引いて置く。


ポイント2:お湯の温度

・お湯の温度は「42℃」以上は危険。

・「41℃」以下に設定して長くても10分以上は長風呂しない。

・浴槽から出る時は、急に立ち上がらない。

・ゆっくり立ち上がる。

・浴槽の外側に座り一呼吸置いて立ち上がる。


ポイント3:お酒と入浴

お酒を飲んだ後の入浴は危険なので絶対、やめましょう!!


お酒を飲むと血圧が下がってます。

その状態での入浴は血圧の変化が大きくヒートショックにとてもなりやすいです。


私も飲酒後のヒートショックの出動件数は上位に入るぐらい頻度も多かったです。

「お酒を飲むなら入浴後」覚えましょう!



最後に

ヒートショックは誰でもなり得る恐ろしい状態です。


誰でも出来る1番大事なポイントは

【誰かにお風呂に入ることを伝える】です!


これだけでも予防になりますので実践しましょう。

ヒートショックに気をつけて、楽しい年末年始を過ごしましょう(^ ^)

Kommentare


bottom of page