便利の裏にもリスクは有る❗️

生活で欠かせなくなっているパソコンやスマホ。ビジネスもできれば調べ物もできる。いまの時代、生活の必需品と言っても過言ではありません。

その便利さの反面、身体に良い影響を与えていないのはご存知ですか??





ブルーライト。








こいつです。どこでも耳に入るワードになりました。ブルーライトとは、簡単に言うと紫外線に近い光のこと。


パソコンやスマホを長時間みていると、

太陽の光をずっとみているのに近い状態になります。そりゃ目も疲れます。


本来、夜に出てきて欲しい睡眠に関するホルモンが、ブルーライトによって分泌されにくくなってしまいます。



その結果、眠りが浅くて疲れが取れない。

と言うことにもなってしまいます。

しかもブルーライトと併せて、





【ついつい見てしまう、やってしまう】

  



ネット環境も問題だったりします。


実際に、、、

・YouTubeを見ていたらいつの間にか深夜2時だった。

・寝る前にSNSを見てたら、眠気がなくなった。

・ゲームに夢中で寝ることを忘れていた。

こんな経験はあるはず。

それもそのはず。

これらのコンテンツは、



【楽しい!】【もっとみたい!】【先が気になる!】

と人間の心理に訴えかけるようにできていますし、実際に見ることで脳が覚醒してしまうのです。



では寝る前にその状態を作って、満足に疲労が取れるか????



答えはNO。

遥か昔は月あかりを頼りに夜は生活していたとも聞きます。

そんな昔の話を。。。と言いますが、


本来人間の身体は、

【朝起きて、夜は寝る】



というシステムが出来上がっているんです。だから夜に多く光を浴びるべきではないのです🌙


と言ってもこの時代スマホを全く触らない。というのは難しい環境かと思います。

なので、

・寝る90分前には、スマホやPCを触らない。

・寝室は真っ暗にする。

・休日はSNSを見ない

など、脱ブルーライトの時間を週に一回からで良いので作ってみましょう。

大事な人とコミュニケーションを取る。本を読む。外で身体を動かす。

普段当たり前のように使っているものを減らす、少し断つだけで新しい発見があるかもしれませんよ(^^)